Model C (guitar) / モデルC (ギター)

 Model C is one of works of Germany guitar builder AUERSWALD (it may be first collaboration with Prince).

Debut was Lovesexy era probably. Famous Love Sexy performance in  Dortmund, it is recorded that Prince can't take solo with this guitar in song "Anna Stesia" because mechanical trouble (He managed dancing).

Model C featured movie "Graffiti Bridge" and Nude Tour too. About 1995, this guitar's position was taken by Symbol guitar.  However, in 2009, Prince was took a picture holding this "Model C" guitar.

 

Most unique is arm from body to top, it may work for sound sustain or stabilizer. (cf. with stabilizer guitar is not so rare in high-end market.)

Another unique is cut fretboard, there are no for low sound strings. 

 

Pickup is EMG SA and 81.

This guitar is tuned with bridge side system cause' it has no "head"(kind of "Headless guitar").

 

 ドイツのギター職人ジェリー・アウアースヴァルトによるギター。おそらくアウアースヴァルトによる最初のプリンスのギター。初披露はLoveSexyツアーのころと思われ、有名なドルムント公演ではAnna Stesia の肝心の山場のソロでプリンスがギターを構えるも機材ミスで全く音が出ない様子を見ることができる(その際にプリンスは踊ってごまかした)。その後1990年代の初頭ごろを最後にシンボルギターにポジションを奪われる形で使用ギターから外れたが、2009年ごろにこのギターを手にしている様子が写真に収められている(ベースの方も同時期に広告写真やグッズに使われていた)。

 

 デザイン上の最大の特徴はボディーからヘッドへと伸びた角のような部分。これはデザイン上の意匠であると共におそらくスタビライザーの機能を持いる。(実はスタビライザー付きのギターやベースはハイエンドモデルを中心に少数ながら市場に存在する。)

 また、ネックの高音域部分に大胆なカットが入っており、ハイフレットは1~3弦のみにあてがわれている。そもそも弦がボディーとネックの間で宙吊りになっている構造は殆どほかに例がない。

 

 搭載されたピックアップは、おそらくEMGのSAと81。コントローラーはボリューム、トーン、ピックアップセレクターで、クラウドギター以来の定番の仕様。ブリッジは、ここにアウアースヴァルトの名前が表記されいるが、特製のものでボディ側で調弦するヘッドレスタイプのもの。